オフィスワーカー

マニュアルの翻訳で世界が広がる|レッツコミュニケーション

ビジネスに必須

書籍

翻訳代行サービスは翻訳代行会社が行っていますが、依頼をする場合は、自社がどの業種でどんな言語を必要としているかなどの条件に合った業種を選ぶ必要があります。スピードに関しては業者間の競争で向上していますが、自社の業種に特化した業者があるので見極めが重要です。

Read More..

確かな品質

ウーマン

業務上で翻訳サービスを活用するなら色々な言語に対応していて、ビジネスからITや工業や法務に特許など様々な専門用語が訳せるサービスがおすすめです。多言語翻訳サービスは依頼人の要求を適正価格で、忠実に翻訳することで定評があります。スタッフもそれぞれ得意の専門分野を持つプロなので安心です。

Read More..

現地の言葉に置き換える

男性

製品を使用しながら実施

日本製品は信頼度が高いことで有名です。しかしコストがかかることで製品の価格が高いことがネックになっています。そのため海外のメーカーがこぞって日本市場に進出しやすい海外メーカーの製品が店頭に並ぶようになっています。製品には必ずマニュアルがついてます。海外メーカーの製品はその国の言葉でマニュアルを作成しています。そのため日本市場で販売するにはマニュアルの翻訳をする必要があります。マニュアルの翻訳作業は単純に言葉を日本語にすればよい良い問題っではありません。製品によって使いまわしの単語など工夫が必要になるのです。そのため実際に製品を使用しながらマニュアルを翻訳する工夫が必要になり工数がかかるのです。

輸出の場合も必要

日本製品も多数海外に輸出されています。もちろん海外で販売するにはその国の言葉で翻訳されている必要があります。これも現地で行う場合もありますが、日本でマニュアルを翻訳してから輸出しているケースもあります。日本製品の完成度の高い精密なところは海外の翻訳家でも翻訳できないケースもあるからです。そのためあらかじめ翻訳した状態で輸出することもあるのです。最近では海外の製造拠点を構えることも多いため、翻訳もその場で行う事の出来るメリットもあります。海外製品や日本からの輸出の際には、マニュアルを現地の言葉に置き換えるという複雑な作業が絡んでいる事も多いのです。特に日本製品の場合、海外のあるゆる国に輸出されていますのでその数も膨大です。

他の言語に変換してくれる

眼鏡と本

輸入商品にはマニュアルが付属していますが、これは英語や多言語のままなので理解し難いです。こういうときはマニュアル翻訳を利用することで日本語にしてくれます。また本の翻訳も行っていて料金設定は言語により変化するのです。

Read More..